「不整形地」は意外と狙い目


安く手に入れられる土地としては、他に「不整形地」があります(非公開物件であり、不整形地でもある、というケースもあります)。不整形地とは、三角形や台形など特殊な形をした、整形地(正方形や長方形)でない土地のことです。このような土地の価格は一般的に、同エリア、同面積の整形地に比べて安くなっている場合が多く、収益率の高いプランに化ける可能性が高いといえます。
不整形地の地価が安いのは、一般的には「建物の敷地として利用しにくい」と考えられており、不動産業者などが、あまり手を出さないためです。大手不動産メーカーのマンションはたいてい規格品で、箱型をしています。従って、こうした建物は不整形地には建てづらく、無理に建てると土地に無駄な空きができ、利回りが非常に低くなるため、大手不動産業者には敬遠されるのです。しかしそこに、土地をフルに活用したマンションを建てることができたら、どうでしょう。

売地

良い設計プランさえ立てられれば、土地の取得コストが低い分、利回りは非常に高くなるのです。私たちが不整形地に建てた物件の中に、直角が一つもないマンションがありました。28坪の敷地を最大限有効に使い、各フロアにワンルームが3戸ずつ入っています。この土地に、普通に四角い建物を建てたら、おそらく2戸ずつしか入らなかったはずです。他にも私たちは、不整形地を最大限に生かしたプランを、お客様に数多く提案してきました。
不整形地の利回りは、設計プランの良し悪しによって大きく左右されます。規格品を利用しない建設ができる業者を選びさえすれば、高利回りで、逆に不整形を利用したデザイン性の高い物件をつくることができます。「建物は四角いのが一番」という幻想を捨てられた投資家こそが「勝てる」のです!


東京都目黒区に対し、生活基盤にするには少し華やかなイメージを持ってる方もいるでしょう。オシャレな街並みが広がり、高級感が溢れる目黒区。そんな目黒区ですが、都内の中でも住みやすさに定評があり、住まいを求める方も多くいます。区の真ん中を東急横線が通っている目黒区は、交通網が発達しているので、通勤・通学が便利です。また、駅周辺には大型商業施設があるので買い物で困ることもありません。そういった利便性の高さから,住みたい街として人気が高いようです。目黒区の住宅地の平均地価は一般より少し高めではありますが,マンションを求めるならリノベーション済みのマンションも多くなってきているので、そういった中古マンションを求めることをオススメします。目黒区で中古マンションを購入して,自分のライフスタイルに合わせてリノベーションするのも中古マンションの魅力でしょう。ぜひ、ご検討してみては?

大阪の中心部に位置した淀川区。新大阪駅があって,大阪の玄関口として発展してきたエリアです。新大阪駅は複数の路線が走っているので,交通アクセスで困ることもありません。またパワースポットなどもあるのです!
そんな大阪市淀川区で賃貸物件を見つけませんか?大阪市淀川区の賃貸物件なら満足いく生活を送ることができるでしょう。
ビジネス街としても成長してきたエリアでもありビジネスマンにもオススメのエリアなんです。ぜひ一度大阪市淀川区の賃貸物件について調べてみてください。
大阪市淀川区の賃貸物件なら満足いく生活を送ることができるでしょう。

神奈川県でこれから事業を始める方,事業展開を検討している方にお勧めなのが貸し工場や貸し倉庫になります。
神奈川県は京浜工業地帯の一角を担っていて,川崎市や横浜市,横須賀市には数多くの工場が揃っています。とくに横浜市は交通の便でも優れております。鉄道路線だけでなく,道路の幅も広いのでトラックなどの大型車両も通れるため,幹線道路が充実しております。
周りに工場も充実しているので,機械などを簡単に揃えることができるので新規事業をスムーズに始めることができます。
自社工場を求めるには多額な費用がかかってしまいますが,貸し工場は初期費用を抑えることが可能で,経営状況に応じて移転しやすいというメリットもあります。すぐ借りられてサイズも豊富な,神奈川の貸し工場について調べませんか?

コメントは受け付けていません。